脂肪吸引のダウンタイムの症状と過ごし方

ダウンタイムとは美容整形手術を行った後の回復期間の事を言います。術後は痛みや腫れやむくみなどが表れますが、これらの症状はダウンタイムを経て徐々に良くなっていきます。手術が終わってから回復するまでの期間はストレスも溜まりますし、生活自体がしにくいので少しでも快適に回復期間を過ごせるように工夫することが大切です。
脂肪吸引は美容整形手術の中で比較的術後の症状が強く出るので、回復期間に関する知識や過ごし方は手術前から考えておくと良いでしょう。同じ脂肪吸引でも手術を行った部位によって症状に差が出ますし、同じ部位を同じように施術しても個人によって差があります。
術後に仕事に少しでも早く復帰したいと考えている人は、復帰時期やそれまでの過ごし方を事前に考えておくべきです。

部位によって変わる回復までの期間

術後の痛みや腫れは手術した部位によっても変わってきます。顔や二の腕の場合は範囲が狭いので、2日や3日程度安静にしていれば仕事に復帰することも充分可能です。痛みなどが完全に取れるまでには1週間ほど必要です。特に顔は痛みが出にくいですが、場所的に腫れが目立ちやすいので内出血などが気になる時はコンシーラーで隠すと良いでしょう。
お腹や太ももの脂肪を切除した時は顔や二の腕よりも回復に時間がかかります。完全に痛みや腫れがなくなるまでに10日ほど必要なので、仕事などの休みも最低で5日ほど取っておいた方が安全です。
人によっては平均よりもダウンタイムが長くなることもあって、そうなると痛みや腫れも人よりも長く続いたり強く出ることがあります。その時に備えて脂肪吸引後のスケジュールはできる限り余裕を持つようにしましょう。

回復期間を快適に過ごす様々な工夫

手術の直後は特に痛みを感じやすい時期なので、痛み止めを使用するのも一つの方法です。完全に症状が出てきて我慢できない状況になる前に痛み止めを使用した方が効率的に効果を得られます。回復期間中は痛みや腫れによって食事をとる気にならないこともありますが、栄養と水分は早く回復するためにも重要です。意識的に食事と水分をしっかりとるようにしましょう。
手術後は患部を圧迫することで腫れを予防して痛みを軽減することができるので、医師の指示に従いながら圧迫用品を使って圧迫すると良いです。術後に患部の周りが固くなっている場合はストレッチをしたり、マッサージをすると効果的です。
マッサージをしたり、ストレッチをすることで回復を早めることができます。マッサージやストレッチをする時に強く痛む場合は無理をしないようにするのが重要です。