脂肪吸引することで得られるダイエット効果

太股やお腹・ふくらはぎなどについてしまった脂肪は、なかなか自力で落とすことは難しいため、脂肪吸引がおすすめです。つらい食事制限や運動・エクササイズを行わなくても部分痩せをすることが可能というメリットがありますが、リスクはあるのかや費用がどのくらいかかるのか、また危険性などがないか気になる人も多いのではないでしょうか。
脂肪の吸引は美容整形の一種で、比較的安全で確実に痩せることができるということで人気があります。
手術はその名前の通り脂肪を吸引して細くしていくもので、吸引する部分に小さな穴をあけてそこからカニューレという細い管を挿入して吸引していきます。物理的に脂肪細胞を取り除くことができますから、リバウンドすることもほとんどありませんし、確実に細くしていくことができるというメリットがあります。

脂肪吸引をするメリットとデメリット

脂肪吸引は、脂肪を物理的に取り除くことができますから、かなり即効性があるダイエット方法といえますが、ただ今までの生活を繰り返しているとまた元通りになってしまう可能性があります。そのため、ダイエット効果が続くとは言い切れません。体型を維持するためには生活を改善していくことが大切です。
手術は大きく分けるとメスを使って切る方法と切らない方法とがあり、切る方法は管を入れる時だけ切るようにして行っていきます。この方法は以前からあるもので、一度に多くの脂肪を吸引することができるというメリットがありますが、傷跡が残ったり肌表面が凸凹になるデメリットもあります。
一方切らない方法はメスを使用せずに専用の機械を使って吸引していくもので、リスクが低いというメリットがありますが、一度に多くの脂肪を吸引することができないというデメリットもあることに留意しておかなければなりません。

脂肪を吸引するリスクや危険性とは

脂肪を吸引するというのは美容整形の一種で手術を必要としますから、リスクがゼロではありません。一番怖いリスクとしては大量出血や感染症などで、命に関わってしまうリスクですから十分注意をする必要がありますし、自分が思ったようなスタイルにならなかったというトラブルも少なくありません。
技術的には脂肪はあるだけ吸引することができますが、あまりとりすぎてしまうとバランスが悪くなってしまったり皮膚のたるみの原因になってしまいますから、医師のセンスが重要となります。
また強制的に脂肪をなくしていきますから、ボコボコと脂肪が残ってしまうこともあります。そのため、事前にきちんとメリットやデメリットを理解しておくことが失敗を防ぐためにも大切となります。吸引をする際には、経験豊富な医師にお願いするようにしましょう。

気になる点や不安を取り除くことが無料カウンセリング受け付けております。 皮膚科とは違い、美容皮膚科は美容の観点から治療をします。ただ治すのではなく、美しく治します。 現金・振込み・カード・大手信販会社ローンの4つの方法 価格には、カウンセリング費・施術費・アフターケア費・麻酔代・薬代・抜糸代は全て含まれておりますのでご安心ください。 日本屈指の美容整形症例数をもっています。 脂肪吸引をしたい人へおすすめの美容外科をご紹介